プロフィール/プラクティショナーはどんな人?

プラクティショナー : 吉村かなえ
高校教師を経て、97年より、退行催眠トレーナー、カウンセラーとして活動しながら、国際気功協会 于永昌師より、通慧功、気功推拿の直接指導を受ける。 同時期、ホリスティックアロマセラピー、 夢分析も学ぶ。 右脳開発教材の研究・製作に携わりながら人間の心理、行動学等について訓練を受ける。 幼児の右脳教育指導、英語教室の講師、総合病院のバイリンガル秘書、 波動オペレーターなんてものも やっておりました^^;

2003年より王由衣師に師事。 王由衣師のスクール School of Healing Arts and Sciences(SHAS)で学び始める。 2005年より同スクール専門課程、統合ヒーリング学部においてエネルギーヒーリングを学び、2014年3月末に退籍。
prof
花の写真
プラクティショナー/practitionerは「施術者」や「実践する人」を意味します。 私は「セラピスト」や「ヒーラー」ではなく、「プラクティショナー」という言葉を使うのが好きです。
「自分自身が実践、実行できているものでない限り、他の人に渡すことなどできない」という私自身の信念であり、そうあり続けるための自分との「誓い」を込めて・・・

より多くの人たちに「身体・感情・精神・霊性を備えた全体として」「宇宙にたった一人のかけがえのない人間として」向かい合い、その人たちがより「自分らしく生きる」ことをサポートできるよう、「ヒーリング/本来の自分に戻っていく」その道のりを一緒に寄り添い歩いていけることを願いながら、私自身が、より自由に、より自分らしく、その道を歩み続ける実践者であることを人生の仕事と決めている。
自分の内面に向き合い続け、自分を縛りつけているものを見つけては手放し、時に時間をかけて癒える過程を自分に寄り添ってただ待つ…  自分の内奥にある想いを大切にしながら、転んでみたり、うずくまってみたりみたりしながらも長い時間をかけて歩いてきた。

まだまだ道の途中だけれど、そうやって自分自身が実際に歩いてきたからこそ、エネルギーレベルで手渡すことのできる確かなものがあると思っています。
 
インディアンペイントブラッシュ
larkspar
【主な出没地】
海・山・森の奥深く・神社・拳誠塾空手練習会場

【基本生息地】
福岡県 糸島市

【好きなこと】
自然の中でゆったり過ごすこと
HPの写真は全て本人撮影 ※本人被写体を除く
ハノン(ピアノの指の練習曲集)をひたすら弾く
チベットのお経を聴きながら瞑想する

【普段どんなこと考えてる?】
徒然ブログ Rose Upon the Crossをどうぞ
2008年の記事だけど原点の想い

このページのトップへ戻る